B シリーズ XRF

Bシリーズ 最も基本的なトップダウン測定構成です。 サンプルステージは固定ベースプレートです。 オペレータは、テストのために部品を希望の領域に手動で配置します。 これは、チャンバー内に部品を配置し、ビデオ画像を使用して画面上の十字線内の目的の位置を調整することで実現されます。 サンプルチャンバーは Pシリーズと同様、スロット付きですが、プログラム可能なXYステージはついていません。

標準構成には、単一の固定コリメータが含まれます。 カメラの焦点距離は固定されています。 SDD検出器が、長寿命のマイクロフォーカスX線管とともに含まれています。 すべてのBowmanベンチトップXRFと同様に、機器をアップグレードして、複数のコリメータまたは可変焦点カメラを含めることができます。

質問? デモをしたいですか? 下取りに興味がありますか?

            BシリーズXRFは、次の要件を満たすお客様に最適です。

            • テストボリュームの要件が比較的低い
            • パーツごとに1つのテスト場所を必要とするより大きなサンプル
            • 大型PCBで測定位置が大きく、且つ少ない場合
            • 後でコンポーネントをアップグレードするオプションを備えた予算制限
            • IPC-4552 A / B、4553A、4554、および4556に適合することが保証されています
            • ASTM B568、DIN 50987およびISO 3497
            • 古いXRFのパフォーマンスと効率をアップグレードし、下取りサービスをご検討中の方!

            製品仕様書

            測定対象: アルミニウム 13〜ウラン 92
            X線源: 50 W(50kV 1mA)小型空冷式X線管球 Wターゲット
            検出器: 190eV分解能以上のシリコンソリッドステート検出器
            測定可能
            層数:
            最大5層(4層+基材)と各層の10エレメント 最大25エレメントまで同時測定
            フィルタ/コリメータ: 4プライマリフィルタ/単一電動コリメータ
            焦点距離: レーザーによる固定焦点深度(オプションのマルチフォーカル)
            デジタルパルス処理: フレキシブルなShaping tme機能を備えた4096 CHデジタルマルチチャンネルアナライザ デッドタイム補正やエスケープピーク補正などの自動信号処理
            コンピューター: Intel、CORE i5 3470プロセッサ(3.2GHz)、8GB DDR3メモリ、Microsoft Windows 10 Prof、64ビット同等
            カメラ光学系: 1/4インチ(6mm)CMOS-1280×720VGA解像度
            ビデオの倍率: 30倍マイクロおよび7倍デジタルズーム:標準; 55Xマイクロ:オプション
            電源: 150W、100-240ボルト、周波数範囲は47Hz〜63Hzです
            総重量: 34kg
            標準電動/プログラマブルXY: テーブルサイズ:利用不可
            拡張プログラマブルXY: テーブルサイズ:利用不可
            内部寸法: 高さ:140mm(5.5 ")、幅:310mm(12")、奥行き:335mm(13 ")
            外形寸法: 高さ:450mm(18 ")、幅:450mm(18")、奥行き:600mm(24 ")

            特定の質問がありますか?

            お問い合わせ