蛍光X線膜厚計・分析計の基本

ボーマン社の蛍光X線装置は、蛍光X線を使用して、めっき被膜の厚さと組成を正確に測定します。 測定は、サンプルの測定したい位置やエリアに一次X線を照射し、これにより発生する被膜部と基材部からの蛍光X線を高精度のエネルギー分散検出器で検出することで行います。

エネルギー分解能、検出効率、および堅牢性は、検出器に関連するXNUMXつの要素です。 エネルギー分解能は、小さなエネルギー差を持つXNUMXつの光子を分離する能力です。 検出効率とは、X線文書の効率を指します。 すべてのBowman XRFシステムは、シリコンPIN検出器またはシリコンドリフト検出器のいずれかの高度なソリッドステート検出器技術を使用しています。

本ソフトウェア

XRFデータがサンプルから生成されると、ソフトウェアはX線強度を厚さまたは組成に変換します。 このソフトウェアには、スペクトル処理と定量分析の2つのコンポーネントがあります。

  • スペクトラム処理は、スペクトルからX線強度を抽出するために、エネルギー較正、スペクトル安定化、ピーク識別、デッドタイム補正、サムピーク補正、エスケープピーク補正、オーバーラップ補正、およびバックグラウンド除去を使用します。
  • 定量分析は、XRF強度から厚さおよび組成を計算する。 マトリックス効果のために、強度と厚さ/組成との間の関係は複雑である。 マトリックス効果は要素間またはレイヤー間の効果です。 1つの元素からの蛍光X線は、試料中の他の元素によって吸収または増強することができた。 したがって、ある元素の蛍光X線強度に対する組成/厚さの関係は、その材料中に存在する他の元素に依存する。
定量分析の実行

定量分析を行うには2つの方法があります。 干渉係数、アルファ係数などの経験的方法は、行列効果を多項式関数で近似します。 これらの方法では、狭い範囲内の複数の標準を較正に使用する必要があります。 利点は、これらのメソッドが洗練された計算を必要とせず、理解して実装するのが簡単であることです。

FP法は、理論計算によってマトリックス効果を補正する。 この計算は、物理法則と基本的な物理学パラメータに基づいています。 理論的には、FPは広範囲にわたるキャリブレーションや機能を必要としません。 物理パラメータの誤差とシステムの不確かさを最小限に抑えるために、キャリブレーションが依然として必要です。 FPのアルゴリズムは1970で公開されており、さまざまなFPソフトウェアシステム間の違いは重要ではありません。 FP calは経験的calよりも複雑で、より大きな計算能力を必要とします。

ボーマンはエンピリカル法とFP法の両方を採用
そのXRFソフトウェアプラットフォームで


金属仕上げ/最終仕上げにおける蛍光X線機器の役割


10億ドルの市場規模の金属仕上げ業界では、蛍光X線装置による厚さの測定が必要です。 また、めっき専業者は、低コストで高品質のコーティングを提供するために、常に厚みの管理は必要です。 仕様より薄くなったり、厚すぎて貴重な材料を浪費しコストアップなど、リスクを避けることができます。

ボーマンの蛍光X線装置は、アルミニウムからウランまであらゆる元素、合金を非接触で厚み測定ができます。 当社の機器は、小さな部品や複雑な形状の非常に薄い多層合金コーティングの業界標準です。

元素分析

純金属または合金層の機能性被膜が製品の特徴を高める場合、被膜の厚さおよび元素の両方を正確に測定することが重要です。

元素分析のアプリケーション

  • コーティングと合金の材料分析
  • 受入れ検査
  • 製造プロセス制御
  • 汚染物質の微量分析
  • 材料の研究開発
  • 電子部品およびコネクタのめっき組成と厚さ測定
  • PWB仕上げの分析、例えば、0.1μm以下の金、パラジウム合金コーティング、ニッケめっき
  • 装飾の金(およびその他の貴金属)、ジュエリー、腕時計の分析

ボーマン蛍光X線装置は、コーティング厚さ測定と元素分析をひとつのパッケージに統合し、品質管理プロセスを合理化します。

めっき液分析

主成分および微量成分および添加剤の両方を含むめっき浴成分の管理は、品質およびコスト管理にとって重要です。

ボーマンの蛍光X線装置は、めっき液の金属含有量を分析するため、高精度、非破壊、迅速かつユーザーに丁寧な方法を提供します。


トップ